メディカルハーブな理由(少し長いですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです)|川崎市幸区の動物病院・里親探しならワンネス動物病院へ。

WEB予約

メディカルハーブな理由(少し長いですが、最後まで読んでいただけると嬉しいです)

とある、ドイツの獣医師との出会い。それが動物用ハーブとの出会いでした。
そういえば・・・母親がなにかにつけ、アロエ塗ってくれたり、ビワの葉湿布してくれたり
変な味のお茶飲ませてくれたな~って。
うちは、おしゃれなハーブの方じゃなくて、自然治療派の庶民的ハーブでしたが。。。
意外と日常生活にハーブって至る所で目にします。

しかし、ハーブは良いものですが、ハーブも用法容量をまもらなければ期待した効果を得られないばかりか
家族である動物にとっての「毒」にもなりえるのです。
ティーツリーオイルやラベンダー・・・その他、色々調べれば、ハーブやハーブオイルでの中毒などの実例が出てきます。

しかし、ハーブ先進国といえるドイツでは、人間の治療はもとより、動物の治療に関してもハーブを使用されているそうです。
そして、当院にも取り入れた動物用ハーブ。
動物向けに作られた物なので、安心して使うことができます。
ハーブの良さを知っているけれども、うちの子に使うのは少し勇気がいる。。。そんな思いを抱いている方には、ぜひお勧めしたいです。

ちなみに・・・ドイツから直接輸入していますが、動物病院だからといって大した値引き率もよくなく・・(って言ったら怒られるかな)
さらに送料が、ガッツリかかりますので、これ自体でのいわゆる「儲け」・・・なんてありません、私のおやつ代くらいでしょうか?

それでも、動物用ハーブを取り入れた理由。
それは、患者さんから直に意見を聞きたいから!
「こんな風によくなったよ」「あの症状には、効かなかったけど、こうゆう効果があったよ」・・・などなど
良いところも、悪いところも。

もうすこし、ハーブの事勉強して、サプリメント同士の組み合わせなどによる効果や変化なども知りたい。
そして、来年は直接ドイツに行って、視察&勉強を少ししたいと思っています。
1週間ほどお休みをいただく期間が出てしまうかもしれませんが、その分をまたみなさんにお返しできればと思っています。

また、熱い熱い思いは、とても書ききれませんが、こちらのブログなどで書き綴って行きたいと思いますので
応援いただければ嬉しく思います。

pagetop